疲れた時にはコレ!体に嬉しいうなぎのおはなし

こんにちは!(^^)!

第3回目の食コラム。テーマは“うなぎ”です。

普段の食卓に並べるには少々お高い食材ですが、スタミナがつくとか、栄養価が高いとか、体に良いイメージを持っておられる方も多いのではないでしょうか?

実際、どんな栄養素が多いのか?ご紹介します!!



スタミナがつくという面では【ビタミンB1】です。糖質をエネルギーに変える際に役立つ栄養素で、効率よくエネルギーを作り出すのに欠かせません。うなぎの蒲焼き1食分100gあたりの含有量で考えると、1日にとりたいビタミンB1の半分以上は補えます!不足すると疲れやすくなりますので、ビタミンB1が豊富なうなぎは、疲れがとれない時にお勧めの食材ですね!!


他にもうなぎに多く含まれる栄養素は、ビタミンB2、B6、B12、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、DHA、EPAなど。「○○が豊富に含まれる食品は?」と調べたとき、これだけ多くの栄養素で上位に挙がる食品はなかなかありません。


そんな栄養たっぷりのうなぎですが、なかでも豊富に含まれるのは【ビタミンA】です!

うなぎの蒲焼き100gに含まれるビタミンAは1500μg!ビタミンAが多い食品にはレバーや緑黄色野菜がありますが、100gあたりのビタミンA含有量はNo.1でしょう。目のビタミンとも言われる栄養素なので、疲れ目はビタミンA不足のサインかもしれません。さらに抗酸化力もあり、皮膚や髪、内臓などの健康を保つ作用が期待されます。

ただし、ちょっと気を付けたいのが妊婦さん。妊娠初期に過剰摂取してしまうとおなかの赤ちゃんの発育に悪い影響が出てしまうリスクがある、という報告もありますので、とりすぎには注意しましょう。

脂がのって美味しいうなぎですので、脂質量が多く、コレステロールも高めです。いろいろな食材を、バランスよく食べるのが健康的な食事の近道。何事も適度にいきましょう。


では適度なうなぎの量は?と問われますと、、、

私の場合は半年に1回くらいでしょうか?体にとってではなく、お財布にとってですが(;^_^A

栄養価が高いスーパースターうなぎ。いいんです。いろんな食材で、うなぎの栄養価に引けを取らない食事にすれば。チームワークを大切にしましょう。

それでは、次回の食コラム、お楽しみに♪♪


B.T.S.L Style+

埼玉県東松山市、完全予約制の女性専用プライベートジム。パーソナルトレーニングと、栄養・食事指導で、本気で変わりたい女性を全力サポート。東武東上線高坂駅東口徒歩3分、B.T.S.L FITNESS 2F。

0コメント

  • 1000 / 1000